【イスラマバード共同】アフガニスタンの各地で数日にわたる強い雨により洪水が相次ぎ、イスラム主義組織タリバン暫定政権の災害当局は22日、少なくとも計400人が死亡したと発表した。地元民放トロテレビが報じた。

 洪水は首都があるカブール州と周辺州を中心に発生した。暫定政権は、住宅が損壊した人々を救助しテントを配布した。

 北部クンドゥズ州の住人は「広大な土地が洪水にのみ込まれ、今も水没している」と語った。