宮城県警は22日、県警のメールサーバーに国外からとみられるメールが不正に送りつけられ、国外に転送されたと発表した。不正に中継されたメールは約3万件に上った。

 県警は「警察のメールサーバーが不正中継されたのは初めてとみられる。セキュリティー面の問題の有無や、原因を早急に明らかにする」としている。情報流出やウイルス感染は確認されていないという。

 不正中継は21日午前1時半ごろから午後11時過ぎに発生。転送されたメールは英文でプロジェクトへの融資を勧誘する内容で、いずれも同じ文面だった。

 送信元は複数の国からで、主に欧州の複数のアドレスに転送された。