塩野義製薬が開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬について、厚生労働省の専門部会は22日、承認の可否を議論したが審議を継続することを決めた。5月に新設された緊急承認制度を適用するかどうかが焦点だったが、結論が出ず「さらに慎重に議論を重ねる必要がある」とした。今後、上位の分科会と合同で審議する。実用化すれば国産初の軽症者向けの飲み薬となる。

 ウイルスの増殖を抑える働きがある抗ウイルス薬で、名称は「ゾコーバ」。塩野義は2月、厚労省に承認を申請。5月下旬に緊急承認制度の適用を求めていた。政府は承認されれば100万人分を購入することで塩野義と基本合意している。