三菱電機は22日、2012年12月~22年5月に製造したビル設備用コントローラー計3万1695台が電気用品安全法の基準を満たしていなかったと発表した。製品の使用に問題はないとしている。

 検査に関する第三者機関からの指摘を受け、6月1日に出荷を停止した。雑音の発生を調べる電圧試験を行ったところ、10日に電安法が求める基準を満たしていないことが判明した。

 コントローラーは建物の入退室管理などに使われる装置。三菱電機の子会社、三菱電機ビルソリューションズの稲沢ビルシステム製作所(愛知県稲沢市)で製造している。