埼玉県川越市のインターネットカフェ立てこもり事件で、逮捕監禁容疑で逮捕された長久保浩二容疑者(42)が、6月に入り県内のネットカフェを転々としていたことが22日、県警や捜査関係者への取材で分かった。2012年に愛知県で人質立てこもり事件を起こして服役し、今年4月に出所したばかりだった。

 長久保容疑者は「自分の人生に嫌気が差した。事件を起こせば刑務所に戻れると思った」と供述。ネットカフェに立てこもった際、店員の女性に危害を加えるような発言をしたといい「死刑や無期懲役になりたかった」と話している。県警は出所後の足取りや生活状況を調べている。