暗号資産(仮想通貨)の取引で得た利益を脱税したとして、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイに本店を置く「KPT General Trading LLC(KPT社)」の多和田真一容疑者(71)らが東京地検特捜部に再逮捕された事件で、KPT社が依頼者から暗号資産を預かって売却していたことが21日、関係者への取材で分かった。

 ドバイでは所得税がかからないため、KPT社の暗号資産だと装い、課税回避を図った疑いがある。KPT社は手数料を差し引き、貸付金名目で依頼者に戻していた。節税を持ちかけ、脱税を請け負っていたとみられ、特捜部が解明を進めている。