立憲民主党の泉健太代表は21日の日本記者クラブ主催の討論会で、18歳の女子学生に飲酒させたと週刊誌に報じられ、自民党を離党した吉川赳衆院議員の辞職を求めた。岸田文雄首相(自民党総裁)は「説明責任を果たせないなら、進退に直結する問題だ」と応じた。

 泉氏は「6月末を越えると国会議員にボーナスが出る。300万円近くが支給される日が近づいている。けじめをつけてほしい」と訴えた。

 公明党の山口那津男代表は貸金業法違反(無登録営業)で有罪が確定した遠山清彦元衆院議員の事件に関し「国民の不信を招いたことはざんきに堪えない。心からおわび申し上げ、厳に戒めたい」と述べた。