広島が米大リーグ、パドレス傘下のマイナー3Aエルパソを自由契約となり、日本球界復帰を決めた秋山翔吾外野手の獲得に乗り出すことが21日、球団幹部への取材で分かった。秋山には西武が復帰オファーを出す方針で、ソフトバンクも獲得に興味を示している。

 広島は昨季まで主砲で右翼手だった鈴木誠也がカブスに移籍。穴埋めは進まず、外野陣は西川龍馬の離脱も痛手となった。1番打者も固定できておらず、球団幹部は「戦力として期待しているだけでなく、若い選手にこれまでの経験や技術を還元してもらえると思う」と語った。

 西武の渡辺久信ゼネラルマネジャーは同日、直接交渉すると明かした