北海道旭川市で昨年3月、凍死した状態で見つかった中学2年広瀬爽彩さん=当時(14)=がいじめを受けていた問題で、遺族側弁護団は21日、第三者委員会が行ったアンケートに学校内での無視や仲間外れがあったと回答があったにもかかわらず、これまで認定した「いじめ」から除外されていることに説明を求める意見書を今津寛介市長や黒蕨真一教育長らに提出した。

 アンケートに、広瀬さんと同じ中学の複数の生徒が無視や仲間外れ、いじりやからかいの「現場を直接見た」と回答しており、遺族側は意見書で「学校内で陰湿ないじめを繰り返し受けていたことを強く示唆するものだ」と指摘した。