【キーウ共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は20日、アフリカ連合(AU)の会合でオンライン演説し、ロシア軍が黒海を封鎖しウクライナ産穀物の輸出が滞っていることに触れ、「アフリカは事実上、戦争を仕掛けたロシアによって人質に取られている」と食料危機への懸念を表明した。

 アフリカ各国は、ウクライナ産小麦への依存度が高い。輸出停滞が価格高騰を招いており、食料不足や政情不安に懸念が強まっている。

 ゼレンスキー氏は「この戦争はみなさんの国からは遠いことのように見えるが、悲劇的な食料価格の高騰はアフリカの数百万の家庭に影響を及ぼしている」とロシアを厳しく非難した。