震度6弱や5強を観測する地震が相次いだ石川県珠洲市で、地震により地盤が緩み雨で土砂災害が発生する恐れがあるとして、県と市は21日、市内の土砂災害警戒区域を巡回して緊急点検を実施、住民らへ注意を呼びかけた。金沢地方気象台によると珠洲市では22~26日に雨の予報となっている。

 珠洲市と同県能登町では21日午前10時42分ごろ、震度3の地震があった。震源地は石川県能登地方で、震源の深さは約10キロ。津波の心配はない。

 馳浩知事は20日の県災害対策本部会議で「雨が降れば土砂災害も想定されるので最大限警戒してほしい」と指示していた。