【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)の外相に当たるボレル外交安全保障上級代表は20日、ロシア軍が黒海を封鎖し、ウクライナ産の小麦など穀物の輸出が滞っている問題について「(ロシアによる)戦争犯罪だ」と強く非難した。

 EU外相理事会が行われたルクセンブルクで記者団に語った。ボレル氏は「世界の他の地域で人々が飢えに苦しんでいるのに、何百万トンもの小麦が(輸出を)妨げられているなんてあり得ない話だ。これは本当の戦争犯罪だ。飢餓を戦争の武器にしてはならない」と訴えた。外相理事会では各国が対応策について議論した。