インタファクス通信によると、モスクワ市の裁判所は20日、フェイスブックやインスタグラムを運営する米IT大手メタを「過激組織」と認定しロシア国内での活動を禁止した地区裁判所の決定を支持、メタ側の上訴を退ける決定をした。

 ロシア検察当局はウクライナでの軍事作戦に絡み、「ロシアの軍人を含む市民への暴力行為を呼びかける情報を拡散した」などとして、ロシアでのインスタグラムやフェイスブックの使用を禁じるよう裁判所に提訴。モスクワの地区裁判所は3月21日に訴えを認めていた。