政府は20日、国土交通省の山田邦博事務次官(63)が退き、後任に旧運輸省出身の藤井直樹国交審議官(61)を充てる人事を固めた。近く発表する。

 藤井氏は自動車局長や鉄道局長を歴任。新型コロナウイルス禍の影響が大きい観光業や交通機関への支援、地方鉄道の在り方見直し、北海道・知床沖の沈没事故を受けた旅客船の安全対策などが課題となる。

 【国土交通事務次官】

 藤井 直樹氏(ふじい・なおき)東大卒。83年運輸省。官房長を経て19年7月から国交審議官。61歳。岡山県出身。