政府は20日、6月の月例経済報告を発表し、国内景気の基調判断を「持ち直しの動きがみられる」で据え置いた。先行きのリスク要因として言及を続けてきた「(新型コロナウイルス)感染症による影響」を削除。5月の報告以降、基調判断からコロナの記述をなくしており、感染対策と経済活動の正常化が両立しつつある状況を踏まえた。

 個別項目では消費者物価について、前月に続いて「このところ上昇している」とした。個人消費は外食や旅行などのサービス消費が戻りつつあり「持ち直しの動きがみられる」で維持した。

 生産の判断は、「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に引き下げた。