週明け20日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。終値は前週末比191円78銭安の2万5771円22銭で、5月12日以来約1カ月ぶりの安値を付けた。下げ幅は一時400円を超えた。米連邦準備制度理事会(FRB)による金融引き締め加速で景気が後退するとの懸念が相場の重荷となった。

 東証株価指数(TOPIX)は16・96ポイント安の1818・94。出来高は約11億7700万株。

 前週末17日の米国株式市場でダウ工業株30種平均が続落し、約1年半ぶりの安値に。東京市場にもリスク回避の動きが波及、石油や半導体関連など幅広い銘柄に売り注文が集まった。