【パリ共同】フランス国民議会(下院、577議席)総選挙の決選投票は19日、即日開票され、内務省の暫定最終結果によると4月の大統領選で再選された中道のマクロン大統領の与党連合が245議席を獲得し第1勢力を維持したが、過半数を大きく割り込んだ。左派連合が最大野党勢力に、極右政党、国民連合(RN)が過去最高の議席を得て第3勢力にそれぞれ躍進。政権に大打撃となった。

 共和国前進(REM)などの与党連合は2017年、マクロン氏の初当選後の前回総選挙で約6割の議席を獲得。今後、法案可決に一部野党の支持が原則不可欠となり、2期目の政権運営の先行きは不透明となった。