奨学金の保証人などになった北海道の男女2人が日本学生支援機構に過払い分の返還などを求めた訴訟で、機構は2日、計約220万円の支払いを命じた札幌高裁判決に上告しないと発表した。原告も上告しない方針。

 高裁は5月19日、機構の「不当利得」を認めた一審札幌地裁判決を支持し、機構側の控訴を棄却していた。

 機構は「これまでの機構の考え方とは異なるものだが、高裁判断を真摯に受け止める」と説明した。また、他の保証人に対しても、過払い分の返還手続きを進める方針を示し、対象者には今月中旬から連絡するとしている。