今秋のレースを最後に現役引退を表明しているスピードスケート女子の小平奈緒選手(36)が2日、所属先の相沢病院がある長野県松本市を訪問し、臥雲義尚市長に2月の北京冬季五輪の出場報告をした上で、「最後のレースを人生最高のものにしたい」と意気込んだ。

 小平選手は4月の記者会見で、10月開催見通しの全日本距離別選手権を「競技人生のラストレースとする」と表明した。引退後の活動について2日、臥雲氏に「やりたいことが多過ぎてはっきりしない」としつつ「地域の人の健やかで豊かな生活に貢献できる存在になりたい」と語った。