【サザンパインズ(米ノースカロライナ州)共同】女子ゴルフのメジャー第2戦、全米女子オープン選手権の開幕を翌日に控えた1日、ノースカロライナ州サザンパインズのパインニードルズGC(パー71)で渋野日向子、古江彩佳、2連覇を目指す笹生優花、畑岡奈紗、小祝さくら、鈴木愛らが最終調整した。

 3度目の出場となる渋野は1番からの8ホールをプレー、「グリーンがかなり難しいから安全に乗せることを考えたい」と話した。

 前週のマッチプレー大会で2位に入った古江は「先週のグリーンが硬くて速かったから、そんなに速さは感じない。頭を切り替えてやりたい」と気持ちを新たにしていた。