【ロンドン共同】英国のエリザベス女王(96)は1日、自身の在位70年を記念する祝賀行事が英各地で2~5日に開かれるのを前にメッセージを公開し、大きな節目を共に祝う英国民らに謝意を示すとともに、一連の行事を通じて「多くの幸せな思い出」が生まれることを願った。

 女王はメッセージで「私に示された善意に刺激を受け続けている」と感謝を述べた上で、特別に連休となる今後の4日間が「過去70年に成し遂げた全てのことに思いをはせる機会」となることを望むとし、「自信と熱意」をもって未来を見据えるよう呼びかけた。

 英王室はこれに合わせ、女王の新たな肖像写真を公開した。