東京・丸の内の商業施設「丸の内オアゾ」で18日に6階のエスカレーター踊り場から3階に転落し、意識不明の重体となった小学6年の男児(12)が19日、搬送先の病院で死亡したことが警視庁丸の内署への取材で分かった。自殺を図ったとみて調べている。

 署によると、付近の防犯カメラ映像で、男児が転落の約3分前に1人で施設に入った後、踊り場の柵を乗り越えるような様子が写っていた。転落直前に、周囲の人たちが止めようとした様子も撮影されていたという。