LGBTQ+(性的少数者)が気軽に交流できる場所として4月に開設された「プライドセンター大阪」(大阪市北区)は19日、グランドオープン記念イベントとして、「プライド・クルーズ大阪2022」を開催した。参加者は性の多様性を表すカラフルな旗を船に掲げ、大阪・中之島の周りを巡った。

 センターの関係者や利用者のほか、大阪地裁で20日に判決が言い渡される同性婚訴訟の原告ら約60人が2便に分かれて乗船。「プライド・フラッグ」と呼ばれる旗を振り、原告への支援も呼びかけた。原告の一人、京都市の坂田麻智さん(43)は「判決に向けて良い船出になれば」と話した。