レスリングの世界選手権(9月・ベオグラード)代表選考会を兼ねた明治杯全日本選抜選手権最終日は19日、東京・駒沢体育館で行われ、女子は50キロ級の須崎優衣、55キロ級の志土地真優の東京五輪金メダリストが世界選手権代表を決めた。

 女子62キロ級では、東京五輪金メダルの川井友香子が決勝で全日本選手権覇者の尾崎野乃香に敗れ、代表を逃した。

 男子のグレコローマンスタイル60キロ級は東京五輪2位の文田健一郎が優勝してプレーオフも勝利。同77キロ級は東京五輪3位の屋比久翔平が制覇し、フリースタイル57キロ級では長谷川敏裕が頂点に立ち、3人も代表に決定した。