火災で6人が死亡した新潟県の米菓大手「三幸製菓」の荒川工場(村上市)で19日、出火元となった製造棟前で遺族や社員、従業員らが参加して非公開の慰霊式が行われた。製造棟は20日から解体作業が始まる。一部の遺族が、取り壊し前に現場前での献花などを要望していた。

 遺族によると、19日参加したのは亡くなった女性2人の遺族と、三幸製菓社員らの計約100人。焼香で涙を流す従業員もいたという。同社の火災以降の対応に不信感を抱き、欠席した遺族もいた。

 式の前には、焼けた製造棟内部を見る時間も設けられた。焦げた臭いが充満し、割れたガラスや溶けたビニールが残っていたという。