【サンパウロ共同】ブラジルのアマゾン保護問題などを取材していた英国人記者とブラジル人専門家の2人がアマゾンの奥地で5日から行方不明になっていた事件で、ブラジル連邦警察は18日までに2人の遺体を確認したと発表した。同国メディアが報じた。容疑者の漁師が殺害を供述し、当局が見つかった遺体の身元を調べていた。

 2人は英紙ガーディアンなどに寄稿していたフリー記者ドン・フィリップス氏(57)と先住民の権利擁護活動をしていたブルノ・ペレイラ氏(41)。北西部アマゾナス州のペルーとの国境に近い先住民居住地域を訪れた後、行方不明になっていた。