【キーウ共同】ロシアが侵攻を続けるウクライナのゼレンスキー大統領は18日、南部の激戦地ミコライウ州を訪れ、軍幹部から戦況について説明を受けた。部隊を激励し、南部防衛へ士気高揚を図った。東部では戦闘が激しさを増し、ルガンスク州の要衝セベロドネツク周辺ではピンク色の大きな煙が上がった。

 ミコライウ州はロシアが制圧したとする南部ヘルソン州の西に位置し、ロシア軍と対峙する南部の最前線。戦略的に重要な港湾を擁する要衝オデッサ防衛の拠点でもある。ゼレンスキー氏はオデッサ州も視察した。