【ブダペスト共同】水泳の世界選手権第1日は18日、ブダペストで行われ、競泳の男子400メートル個人メドレー決勝で2連覇を狙った瀬戸大也(TEAM DAIYA)は4分11秒93の6位に終わった。本多灯(日大)は7位。20歳のレオン・マルシャン(フランス)が世界歴代2位の4分4秒28で勝った。

 女子200メートル個人メドレー準決勝は大本里佳(ANA)が全体7位で通過したが、東京五輪覇者の大橋悠依(イトマン東進)は13位で敗退。男子100メートル平泳ぎ準決勝の武良竜也(ミキハウス)も決勝に進めなかった。