埼玉県警は18日、大麻取締法違反(営利目的所持)の疑いで、同県狭山市の指定暴力団住吉会系幹部小平永吉容疑者(41)ら3人を逮捕し、市内の集合住宅から乾燥大麻約465キロ、約27億9千万円相当を押収したと明らかにした。

 県警は大麻の密売が組織の資金源となっていたとみて、入手経路などを調べている。

 他に逮捕されたのは、いずれも狭山市の住吉会系組員松下健容疑者(32)と住吉会系幹部菅谷典史容疑者(33)。

 逮捕容疑は5月31日、狭山市の集合住宅の一室で、営利目的で乾燥大麻を約300グラム所持した疑い。県警は認否を明らかにしていない。