公明党の山口那津男代表は18日、日銀が大規模な金融緩和策の維持を決めたことに理解を示した。兵庫県宝塚市での街頭演説で「円安は物価が上がり苦しいが、利上げすると借り入れをしていた中小企業が困る」と指摘し「日銀の政策には痛しかゆしのところがあるが、受け入れなければならない」と述べた。

 物価高を抑え込むために利上げを進める米欧に対し、金利が安い日本の円は売られやすくなっている。山口氏は、円安を逆手にとって輸出や外国人観光客の誘致を広げることによって「今の円安がかえって強みになる」とも言及した。