【北京共同】中国新疆ウイグル自治区トップの同区共産党委員会書記だった陳全国氏(66)が、党の農村対策を統括する部門に異動していたことが17日までに分かった。国営通信新華社が伝えた。中国メディア関係者は「閑職に追いやられた」と指摘。陳氏は少数民族のウイグル族らへの抑圧を進めたとして米国の制裁対象となっている。

 党は昨年12月に陳氏の交代を発表したが、異動先は明らかにしていなかった。新華社は今月14日、陳氏の肩書を「党中央農村工作指導グループ副グループ長」と明記。同グループのトップは、陳氏と同じ政治局員の胡春華副首相(59)が務めている。