米宇宙技術企業マクサー・テクノロジーズは17日までに、ロシアがウクライナ産穀物をシリアに輸送した証拠となる衛星写真を公開した。欧米メディアが伝えた。ウクライナ側は「ロシアが占領地域から農産物を盗み、輸出しようとしている」と批判していた。

 公開された写真では、ロシアが強制編入したウクライナ南部クリミア半島の港に今年5月、2隻のロシア国旗の船が停泊。数日後にシリアの港で積み荷を降ろしていた。6月にも別のロシア国旗の船がクリミアの港で穀物を積んで停泊していたという。いずれも奪ったウクライナ産の穀物を積んでいた疑いがある。