福井大の60代女性教授が、国際学術誌に投稿した自分の論文の「査読」に関わったとされる問題で、福井大と、査読を担った研究者が在籍する千葉大に、査読の不正を禁じる規定が設けられていないことが17日、両大学への取材で分かった。両大学は調査委員会を設置し、教授らの行為が「研究不正」に当たるかどうかを慎重に調べている。

 福井大教授は、子どもの脳の発達に関する研究の専門家。

 文部科学省のガイドラインでは、不正行為は、データの捏造、改ざん、他の研究者からの盗用とされ、論文の二重投稿や著者の偽装などに言及があるものの、査読に関しては記載がない。