ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の会場だった岩手県釜石市の市民らでつくる「釜石ラグビー応援団」が17日、日本代表と18日に対戦するウルグアイ代表に大漁旗を贈った。釜石で唯一開催された試合でウルグアイが格上のフィジーを破った縁で激励した。

 日本選手権で7連覇した新日鉄釜石(現釜石)OBの石山次郎さんらが東京・秩父宮ラグビー場を訪れて大漁旗を渡し「W杯の活躍に世界の人々が感動した。今回のツアーがウルグアイにとって実りあるものになってほしい」と望んだ。

 ウルグアイ協会のスリンガル会長は「釜石は記憶にいつまでも残り続ける」と感謝した。