福岡県篠栗町で2020年、知人の女と共謀して食事を制限し5歳の三男を餓死させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親碇利恵被告(40)の裁判員裁判で、福岡地裁は17日、懲役5年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

 冨田敦史裁判長は判決理由で「ママ友」として知り合った赤堀恵美子被告(49)=同罪などで起訴=との関係を「数々のうそによる経済的搾取や心理的支配で、生活全般を実質的に支配されていた。碇被告は被害者としての側面がある」と認定し、求刑より量刑を大幅に減じた。

 弁護人は控訴に関し「関係者と話し合って決める」と話した。