【ニューヨーク共同】国際サッカー連盟(FIFA)は16日、米国、カナダ、メキシコが共催する2026年ワールドカップ(W杯)の16会場を発表し、米国はロサンゼルスやボストン、アトランタなど、カナダはトロントとバンクーバー、メキシコはメキシコ市などが名を連ねた。

 史上初の3カ国による共催で、米国11会場、カナダ2会場、メキシコ3会場が舞台となる。今年11月開幕のカタール大会までは32の出場枠が、26年大会は48に拡大する。

 メキシコは1970年と86年大会、米国は94年大会を開催した実績がある。カナダでは初めての開催となる。