萩生田光一経済産業相は17日の閣議後記者会見で、テロ対策施設が未完成のため停止している原発の再稼働を原子力規制委員会に要請する考えはないと明言した。「独立した規制委の所掌であり、経産省は意見を申し上げる立場にない」と述べた。

 自民党の原発推進派議員でつくる議員連盟が今年3月、ロシアのウクライナ侵攻を受け、再稼働を求める決議書を萩生田氏に渡していた。

 規制委の更田豊志委員長は公開の場なら電力会社や経産省との意見交換に応じる考えを示していたが、萩生田氏は「私が要請したり、要望を伝えたりするのは望ましい姿ではない」と説明した。