日本電産は17日、京都市内で株主総会を開いた。2023年4月に社名を「ニデック」に改める定款変更など4議案をいずれも賛成多数で可決した。創業者の永守重信氏が今年4月に会長職と兼務する形でCEOに復帰した後、初の総会。永守氏は「会社は順調に成長している。5年、10年先を見て、伸びる分野に出て行き投資をする」と今後の展望を述べた。

 ブランド名に使用しているニデックを社名とし、グローバル展開を加速する。総会には4月にCEOを退いた関潤社長兼COOも出席した。後継者問題について問われ「永守氏の創業者イズムを浸透させるリーダーをつくるのが今後の課題だ」と述べた。