日銀は17日に開いた金融政策決定会合で、金利を極めて低い水準に抑える現行の大規模な金融緩和策を維持することを決めた。引き続き景気を下支えする。円安ドル高の是正に向け、長期金利の上限を0・25%程度から引き上げるとの観測があったが、変更しなかった。大幅な利上げを続ける米国との金利差がさらに広がり、円安ドル高が加速する可能性がある。

 日銀は会合後に公表した文書に、外国為替市場の動向が経済や物価に与える影響を「十分注視する必要がある」と明記し、投機的な円売りの動きをけん制した。大規模な金融緩和策を維持する決定は賛成多数だった。