【ワシントン共同】プライス米国務省報道官は16日の記者会見で、ロシア軍と戦うため義勇兵としてウクライナに入国した米国人1人が過去数週間の間に行方不明になったとの情報があると明らかにした。身元やロシア側に拘束されたのかどうかなど、詳細には触れなかった。

 この米国人は、英紙が15日に報じたウクライナでロシア軍と戦闘中に拘束された米退役軍人2人とは別の人物。米政府は退役軍人2人の拘束について、事実関係を確認できていないという。