後藤茂之厚生労働相は17日の記者会見で、政府が感染症の司令塔機能強化策を決定したことに関連し、「これまでの新型コロナウイルス対応について反省すべきさまざまな課題があった。医療提供体制の構築について、平時から備えておく枠組みが不十分だった」と陳謝した。

 後藤氏は「危機時に病床を確保する対応や、地域で個々の医療機関が果たす役割が具体化されていなかった」とした。結果、病床が逼迫し、治療が遅れて、重症化する人や自宅療養中に亡くなる人が出る事態になったと述べた。