【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は17日、同国南西部、黄海南道で発生したと16日伝えられた「急性腸内性感染症」は、800世帯余りに患者がいると報じた。

 この感染症は4月末から同国で拡大した新型コロナウイルスによるものとは別で、腸チフスなどの可能性がある。金正恩朝鮮労働党総書記が自宅の置き薬を患者の治療に使ってほしいと寄付したと16日に報じられ、労働新聞によると、妹の金与正党副部長を含む党幹部の間で寄付の動きが広がっている。

 一方同紙によると、新型コロナ感染が疑われるとされてきた発熱患者が16日夕までの1日で新たに約2万3千人確認された。