国土交通省は17日、新たな観光支援事業を7月上旬から始めると発表した。都道府県が行う旅行割引「県民割」を事実上、全国に広げ、政府の財政支援を拡充する。代金割引の上限は交通費込みのパック旅行は8千円、宿泊のみは5千円とし、公共交通機関の利用を促す。飲食、買い物などに使えるクーポンは平日3千円、休日千円分を配り、週末の混雑を抑制する。1人1泊当たりの支援額は最大1万1千円となる。

 国交省は新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ「7月上旬のできるだけ早い時期に始めたい」としている。繁忙期のお盆休みを含む8月中旬を除き、当面8月末まで続ける。