電車内で痴漢をしたとして、警視庁は16日、東京都迷惑防止条例違反の疑いで埼玉県の会社役員の50代男を逮捕した。男は6日に現行犯逮捕されたが、被害者から身柄を引き渡された滝野川署板橋駅東口交番の40代の男性巡査長が喫煙所で目を離した隙に逃げていた。「弁護士と相談してから話す」と認否を留保している。

 逮捕容疑は6日午前8時半過ぎ、赤羽―板橋間を走行中のJR埼京線の電車内で、埼玉県の20代女性の体を触った疑い。

 警視庁によると、男は電車内で女性に取り押さえられ、板橋駅に到着後、巡査長に引き渡された。