ロシアによる侵攻で、ウクライナ避難民を最も多く受け入れている隣国ポーランドでの支援活動をサポートしようと、福岡市の一般社団法人「日本スロージョギング協会」が寄付を呼びかけている。寄付金で両国間を往来するバスを運行し、これまでに約420人が出国した。事態の長期化を見据え、今後は子どもらへの支援事業に充てる予定だ。

 協会に所属するポーランド出身の鴻池マグダレナさん(39)が現地の家族や知人に状況を聞き「日本から何か手助けできないか」と3月にランナーを中心に呼びかけを始めた。鴻池さんは西部の都市ポズナニ出身。2008年に来日し、日本人男性と結婚した。