【北京共同】中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領は15日に電話会談し、軍事と軍事技術分野での一層の協力拡大を協議した。習氏は安全保障が関わる問題で互いに支持する意向を強調。両者はウクライナ情勢も念頭に「公正で正当な国際秩序」の構築へ連携していくことを確認し、米欧主導の国際関係への対抗姿勢を示した。両国政府が発表した。

 ウクライナ侵攻が長期化する中、中国がロシアを戦略的パートナーとして重視する方針に変化がないことを誇示した。国際社会では中国のロシアに対する軍事支援の可能性も取り沙汰されており、軍事面での連携の動きに懸念が強まりそうだ。