岸田文雄首相は15日、都道府県が行う旅行割引「県民割」の適用対象を7月前半から全国に広げると表明した。国主体の観光支援事業「Go To トラベル」の代替として、国内どこでも割引を受けられるようにする。参院選をにらみ、訪日観光客の受け入れ解禁と併せ、国内旅行の促進を打ち出し、地域経済の刺激策に取り組む姿勢を示す狙いがある。

 岸田氏は記者会見で、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は地域差があり「依然として警戒局面にある」と指摘。10日から再開した訪日観光客受け入れの影響も見極め、県民割拡大の時期を決定するとした。