海上保安庁の奥島高弘長官は15日の定例記者会見で、北海道・知床半島沖の観光船「KAZU 1(カズワン)」沈没事故を受け、今年夏の観光シーズン中、現場周辺に潜水士を乗せた大型巡視船を配置すると明らかにした。「オホーツク沿岸海域にしっかりとした救助態勢ができるよう、船を運用していきたい」と強調した。

 知床を含む北海道東部は、ヘリコプターから降下する高度な救助技術を持った機動救難士が1時間以内に到着できないエリアの一つ。沈没事故でも、ヘリが現場付近に着くのに通報から3時間以上かかっており、海保は態勢強化に向けて検討を進めている。