アダルトビデオ(AV)の出演被害を防止し、出演者を救済するための新法が15日、参院本会議で可決、成立した。成人年齢引き下げで、未成年者取り消し権の対象外となる18、19歳の被害増加が懸念されたのを機に、超党派で議論された。出演者は年齢や性別を問わず、公表まではもちろん、映像公表後も原則1年間は無条件で契約解除できる(施行後2年は2年間)ことが盛り込まれた。

 新法は、出演者が撮影内容や映像公表によるリスクについて熟慮する時間を確保するため、契約成立から撮影まで1カ月、撮影から公表まで4カ月の期間を置くことを義務付けた。