松野博一官房長官は15日の記者会見で、外国為替市場で円安ドル高が進行したことを踏まえ、日銀に対して「政府との連携の下、必要とされる措置を適切に講じていくことを期待している」と述べた。政府として円買いの為替介入に踏み切る可能性に関しては「具体的にコメントすることは差し控える」と話すにとどめた。

 松野氏は「過度の変動や無秩序な動きは経済や金融の安定に悪影響を与える」との見解を示した上で「米国をはじめとする各国通貨当局と緊密な意思疎通を図りつつ、必要な場合には適切な対応を取りたい」と従来の説明を繰り返した。